シングルマザーとして生きるなら収入はどれくらい必要?

昨今シングルマザーが急増している社会になって居ますし、職場や知り合いなどにもシングルマザーが居ても特に珍しいと言う風潮は無くなって居ます。様々な事情で母親一人で子供を抱えて良く生活は本当に大変で、精神状態も不安定になりがちですが最も重要な事は収入面での生活の確保です。子供の人数にもよりますが食費も安くはありませんので、家賃や教育費が重なるとかなりの出費があります。

どれくらいかかるかと言われれば子供の数が多ければそれなりに収入が無ければ養う事は難しいですが、幼い子供であれば児童扶養手当や育成手当などが国から支給されますので、多少は家計も助かるのですが一家を支えて行くにはまだまだ足りない事が多くあります。

家賃もかなりの負担ですので中には二つの仕事を掛け持ちして働く母親は非常に多く居ます。それでも収入面ではかなりの負担が掛かり十分とは言えませんし、国からの手当ては年々下げられてきていますので相当な労働条件の下で働かなければなりません。国の手当ては子供が18才になると全てが終了してしまい、医療費も一人親制度は適用外になってしまいます。

シングルマザーの方は子供が小さい時は国の手当てが支給されるので安心される方も居ますが、全く足りる事はありませんので、かなり無理をして働かないと子供を養っていくには難しい状態です。

またシングルマザーの方でも病気になってしまいますと仕事が無くなってしまい、困窮生活を余儀なくされる事もありますので、過度に無理な労働は避けて家計の負担を減らす知恵を絞り、住宅なども低所得者向けの家に移って出来る限り節約を心掛けねばなりません。子供達が大きくなると学校にかかるお金がかなり必要になってきて中学生や高校生になると携帯代からお弁当代、又は修学旅行の負担もかなりの金額になるので節約を心掛けなくてはなりません。

国の補助があるうちに少しでもお金を貯めて置くようにしないと、後々深刻な困窮状態になってしまう事もあります。