シングルマザーが正社員で就職するには?

シングルマザーが正社員で就職するには、何より一番大事なのが、我が子を安心して預けることができる施設が近くにあるか、ということです。現在の日本では、少子化が進んでいるにも関わらず、全国で待機児童の問題が深刻化しています。子どもの数が減っている一方、幼稚園などの福祉施設が足りないのです。実家で父母に子守を頼むことを除けば、自分で面倒を見る必要があり、そもそも就職をすることができません。就職が出来なければ、正社員で働くなど、以ての外、ということになります。また、シングルマザーとなると、仕事だけでなく、家事もこなす必要もありますので、かなりハードな一日となることは間違いありません

そのような環境で、正社員として働くには、さらに就職先の理解も必ずと言っていいほど重要になってきます。正規職員として働くには、アルバイトのようにはいきません。時間の制約もありますし、内容にあってはノルマなども課せられる可能性もあります。また、残業等が育児に与える影響は非常に大きく、母子ともに大きなストレスを感じるに違いありません。

そういった不安要素を取り除くために、有名企業の中には、職場に隣接する託児所が設けられていたり、シングルマザーにとっても働きやすい環境を目指した活動が見られます。そのような働きかけを行っている企業は、少なからず見えますが、一握りの企業にとどまっています。幼い子どもが近くにいれば、安心して仕事に打ち込むことができ、仕事の質も向上します。また、子どもですから、急な病気やケガに関しても、近くであればすぐに駆け付けることもできるので、とても効率的です。

このようにシングルマザーが安心して正社員として就職するには、福祉面の充実と会社からの理解の双方が充実しておく必要があります。もし、どちらかがかけていては、満足に働くことができないのです。以後、そのような問題を改善し、労働環境の公平化に努めていくべきです。