シングルマザーは就職に不利?

シングルマザーだからといって就職に不利なわけではありません。
ただ子供がまだ小さい場合はそれなりに融通のきく会社を探した方が良いでしょう。
子供が急に熱を出した場合には自分の両親など周りに看てくれる人がいれば良いですがそうもいかないものです。

でも、これはシングルマザーに限った事ではありません。
幼い子供がいる母親は就職に困難な傾向にあります。
やはり子供の体調によって急に仕事を何日か休まなければならなかったり、学校行事などもあります。
パートなどでシフトの変更に融通がきけば良いですが、正社員だと急に休まれると会社も困るのです。
今は待機児童が多く、働きたくても預ける所がないというお母さん達がたくさんいます。
しかし、シングルマザーだと働き手が自分だけしかおらず、世帯の所得が少ない事もあり優先的に子供を預けて仕事を探す事ができます。

夫がいる人は夫の収入が高ければ保育料も高くなってしまいます。
シングルマザーは夫の収入に頼らず自分の収入で子供達を養わなくてはなりません。
国の補助があっても子供を育てるのには沢山お金も必要です。
働くお母さん達に理解のある会社ならばシングルマザーを優先して採用する場合もあるでしょう。
シングルマザーだからこそ頑張って仕事を続けてくれるのではないかという思いもあります。
それに夫有り子供有りの主婦であれば、家庭の状況によって採用したもののすぐに辞めてしまうかもしれないという事が考えられるのです。

夫の親の介護が必要で辞めなければならなかったりもするでしょう。
残業などがある会社であれば家庭との両立が難しいからという事も考えられます。
シングルマザーであっても同じかもしれませんが、最大のポイントは夫の収入があるという事です。
とりあえずは自分が仕事を辞めてしまっても生活は出来るという安心感があるでしょう。
こういった事からシングルマザーの方が会社にしっかり従事してくれる様に思われます。
1人で子育ても仕事もしているだけであって決して就職に不利なわけではありません。