シングルマザーに貧困率が高い原因は?

夫による暴力、浮気、借金、浪費癖、さらには性格の不一致などで離婚という選択をして、女手一つでシングルマザーとして子供を育てている女性はとても立派です。しかし、シングルマザーの貧困が近年問題となっています。なかには、子供の学校の制服を買うことができないために、学校に入学することができないというケースもあります。

また、何とか学校に入学はできたものの、学費を毎月きちんと払うことができないために、やむを得ずに高校を中退して家庭のために働いている子供たちもいます。さらには、あまりにも貧しいために食事を三食とることができないほど困窮している家庭もあります。シングルマザーの家庭を対象に行ったある調査では、役半数の家庭が貧困に陥っているという結果が出ています。

では、シングルマザーの家庭が貧困に陥る原因としてどんなことが考えられるでしょうか。それは、収入が少ないということです。シングルマザーの就労による平均収入は約180万円です。つまり1か月あたり15万円ほどです。国や市からの援助がいくらかあるとはいえそれでも少ない収入の中から生活や学費を払わなければなりません。子供が多い家庭はかなりきつい状態になります。

さらに、シングルマザーの家庭は、子供がいるほかの世帯に比べるなら約400万円収入が少ないというデーターが出ています。シングルマザーの家庭が貧困に陥るのも納得がいきます。現代社会はシングルマザーに対して厳しい意見を述べる人がいるために、母親は精神的に追い詰められることがあります。子供がいるのに離婚を選んだのは親の責任だ、という見方もあります。

しかし、離婚を選んだ家庭の多くは、暴力が原因です。自分と子供を守るために、離婚という決断をして女手一つで子供を育てるという決意をするのはとても立派です。それで、女手一つで子供を育てている人に対して冷たい見方をするのではなく、温かい目で見守るのはとても大切です。