シングルマザーが正社員で就職するには?

シングルマザーが正社員で就職するには、何より一番大事なのが、我が子を安心して預けることができる施設が近くにあるか、ということです。現在の日本では、少子化が進んでいるにも関わらず、全国で待機児童の問題が深刻化しています。子どもの数が減っている一方、幼稚園などの福祉施設が足りないのです。実家で父母に子守を頼むことを除けば、自分で面倒を見る必要があり、そもそも就職をすることができません。就職が出来なければ、正社員で働くなど、以ての外、ということになります。また、シングルマザーとなると、仕事だけでなく、家事もこなす必要もありますので、かなりハードな一日となることは間違いありません

そのような環境で、正社員として働くには、さらに就職先の理解も必ずと言っていいほど重要になってきます。正規職員として働くには、アルバイトのようにはいきません。時間の制約もありますし、内容にあってはノルマなども課せられる可能性もあります。また、残業等が育児に与える影響は非常に大きく、母子ともに大きなストレスを感じるに違いありません。

そういった不安要素を取り除くために、有名企業の中には、職場に隣接する託児所が設けられていたり、シングルマザーにとっても働きやすい環境を目指した活動が見られます。そのような働きかけを行っている企業は、少なからず見えますが、一握りの企業にとどまっています。幼い子どもが近くにいれば、安心して仕事に打ち込むことができ、仕事の質も向上します。また、子どもですから、急な病気やケガに関しても、近くであればすぐに駆け付けることもできるので、とても効率的です。

このようにシングルマザーが安心して正社員として就職するには、福祉面の充実と会社からの理解の双方が充実しておく必要があります。もし、どちらかがかけていては、満足に働くことができないのです。以後、そのような問題を改善し、労働環境の公平化に努めていくべきです。

シングルマザーは就職に不利?

シングルマザーだからといって就職に不利なわけではありません。
ただ子供がまだ小さい場合はそれなりに融通のきく会社を探した方が良いでしょう。
子供が急に熱を出した場合には自分の両親など周りに看てくれる人がいれば良いですがそうもいかないものです。

でも、これはシングルマザーに限った事ではありません。
幼い子供がいる母親は就職に困難な傾向にあります。
やはり子供の体調によって急に仕事を何日か休まなければならなかったり、学校行事などもあります。
パートなどでシフトの変更に融通がきけば良いですが、正社員だと急に休まれると会社も困るのです。
今は待機児童が多く、働きたくても預ける所がないというお母さん達がたくさんいます。
しかし、シングルマザーだと働き手が自分だけしかおらず、世帯の所得が少ない事もあり優先的に子供を預けて仕事を探す事ができます。

夫がいる人は夫の収入が高ければ保育料も高くなってしまいます。
シングルマザーは夫の収入に頼らず自分の収入で子供達を養わなくてはなりません。
国の補助があっても子供を育てるのには沢山お金も必要です。
働くお母さん達に理解のある会社ならばシングルマザーを優先して採用する場合もあるでしょう。
シングルマザーだからこそ頑張って仕事を続けてくれるのではないかという思いもあります。
それに夫有り子供有りの主婦であれば、家庭の状況によって採用したもののすぐに辞めてしまうかもしれないという事が考えられるのです。

夫の親の介護が必要で辞めなければならなかったりもするでしょう。
残業などがある会社であれば家庭との両立が難しいからという事も考えられます。
シングルマザーであっても同じかもしれませんが、最大のポイントは夫の収入があるという事です。
とりあえずは自分が仕事を辞めてしまっても生活は出来るという安心感があるでしょう。
こういった事からシングルマザーの方が会社にしっかり従事してくれる様に思われます。
1人で子育ても仕事もしているだけであって決して就職に不利なわけではありません。

シングルマザーの就職に有利な資格とは?

シングルマザーに対しての世間の風当たりはなかなか厳しいものです。夫からの暴力や借金さらにはアルコール依存症などが原因で離婚したにもかかわらず、なかには「女性の側の我慢が足りない」といった意見をのべるひともいます。さらには「子供がいるのに離婚をするなんて非常識で無責任だ」というような厳しい意見をする人もいます。

しかし、それでもシングルマザーとして生計を立てていかなければなりませんし、子供を養っていかなくてはなりません。そのために大切なことは、就職に有利な資格を身に着けることです。では、シングルマザーが就職するのに有利などんな資格があるでしょうか。

一つは医療事務です。医療事務ですと、比較的簡単に取得することができます。特別な学校に通わなくても取得することができますので、仕事をしながらでも大丈夫です。医療事務を取得するなら、病院や歯科医院などで働くことができます。病院や歯医者などは、どの地域にもありますのでたいへん有利です。また、医療事務を持っているなら、正社員だけではなく、パートでも雇ってくる職場はとても多いですし、給料も他の仕事に比べるなら単価が高いですのでシングルマザーとしてはとてもありがたい仕事です。

ほかにもヘルパー2級などもおすすめです。日本はどんどん高齢化が進んでるために、どの介護施設でも介護者が不足しています。そのため、資格を有している介護者を募集しています。介護施設などは、他の人の気持ちに理解を示してくれるスタッフがとても多いですので、シングルマザーに対しても思いやりを持って接してくれます。とても働きやすい職場といえるでしょう。

資格を取得する際のポイントは、将来性があり就職に有利であること、そしてあまり時間を取られずに働きながら取得できること、さらに費用があまりかからないということです。ぜひ、自分のためにもそして子供のためにも、自分に合った就職先を見つけましょう。

中卒のシングルマザーが就職する方法は?

シングルマザーの世間の風当たりはなかなか厳しいものです。子供がいるのに離婚をするなんで無責任だ、と感じる人もいます。さらに、シングルマザーということに加えて中卒であれば、なお風当たりは厳しくなります。しかし、どんなに風当たりが厳しくても、シングルマザーとして子供をやしなっていく必要があります。では、中卒のシングルマザーが就職するのは不可能でしょうか。

いいえ、たとえ厳しくても可能です。そのための方法は、資格を身に着けることです。女性でそして中卒でも身に着けられる資格はいっぱいあります。例えば、介護の資格であるホームヘルパー2級などです。ホームヘルパー2級は、比較的簡単に取れる上に就職先がとても豊富ですのでお勧めの資格です。介護施設のみならず、病院などに就職することができます。介護ヘルパーの仕事の給料は、単価が高いですのでシングルマザーの方にはおすすめです。

さらに、別の資格として調理師の資格をあげられます。飲食店などで調理をする仕事をパートで雇ってもらいましょう。そしてある程度の経験と実績を身に着けることができたなら、調理師の受験資格を満たすことができますので、調理師試験を受験してみましょう。調理師の資格を持っているなら、給食センターや大手レストランやホテルなどに就職することができます。ぜひ、積極的に資格にチャレンジしていましょう。

中卒のシングルマザーが就職する別の方法は、就職面接の際に、相手にやる気を見せるということです。中学校しか出ておらず離婚をして幼い子供を抱えている、ということをマイナスのイメージとして相手に与えるのではなく、中学校しか出ていなくても立派に子供を育てている、ということを相手に印象付けるなら、面接を行っている側はぜひ雇ってあげたい、という気持ちになります。それで、ぜひ面接の際に働く意欲を見せましょう。そうするなら自分の希望の仕事を見つけることができるでしょう。

シングルマザーの就職活動、志望動機の書き方は?

シングルマザーが子供のためにも仕事をしたいと考えるのは当たり前のことといえます。しかし、シングルマザーの就職は厳しいのが現状です。資格や経験があれば、そう難しくはないかもしれませんが、それまで専業主婦であったりパートで働いていた主婦であると、同じ経験なしの場合、独身の若い人を採用するのが現実です。

このようにシングルマザーは就職に不利といえますが、志望動機や面接の受け答えなどに工夫がみられると、内定をもらうことができるかもしれません。

シングルマザーが仕事を探す場合には、自分の希望する条件や生活状況と、求人の条件が合うかどうかをよく照らし合わせる必要があります。就業時間をきちんと守れるのか、子供の都合で休みがちになってしまわないかなど、よく考えて応募先を決めなくてはなりません。

就職活動で必須になってくるのが履歴書や職務経歴書です。当然のことですが、書類はパソコンでの記載を求められている場合を除き、手書きで読みやすい字で書きます。証明写真もビジネスに見合った服装とメイクを心掛けます。そして一番大切なのが志望動機です。志望動機は自分の能力を、応募先の企業のためにどう生かしていくのかということを重点的に書くとよいでしょう。自分の得意なことが企業にどう役に立てられるのかを、きちんとアピールします。この欄には、家庭の事情についてやシングルマザーであることを書く必要はありません。シングルマザーであることを隠したり嘘をつくことは絶対にしてはいけないことですが、ここでは働く熱意についてアピールすることを忘れないようにしましょう。

シングルマザーであることや幼い子供がいるということは、本人の希望欄に書きます。働くうえで制限がでてくるのであればそのことについて、また自分の働きたい時間などを書く場合には、理由を簡単に添えておくとよいでしょう。

あまりにもシングルマザーであることを表に出すと、自分本位に感じられ企業にはよく思われません。どれだけ企業に貢献できるかということをアピールしましょう。

シングルマザーの就職におすすめの職種は?

近年シングルマザーの割合は増え続けています。様々な場面で活躍する女性が増えているということでもありますね。
しかし、シングルマザーとなると、一般的な主婦のパートとは違いフルタイムでの就職活動が必要となってきます。
毎月しっかりとした収入を得る為に、出来れば正社員としての就職活動をしていきたいものです。

ところで、シングルマザーの皆さんに、おすすめの職種とはいったいどんなものなのでしょうか。こちらの問題について少し考えたいと思います。

まず、シングルマザーの皆さんは、当たり前のことですが必ず子どもを育てています。これは、どういうことかと言いますと、なるべく時間通りに定時で仕事を上がりたい、ということなんです。子どもがいるということは、保育園や学童保育などで預かってもらっている、つまり早めに迎えに行かなければいけないんですね。残業が常に存在する就職先は、シングルマザーにとって、とても困ります。土曜日・日曜日・祝日などもなるべく休まなければいけません。

そういったことを考えますと、お勧めしたい職種は、医療事務になります。
医療事務は病院勤務です。一般的に病院は、平日・土曜日だと午前中のみの診療になります。その為、土曜・日曜・祝日の休みはかなり取りやすくなります。勤務時間もだいたい拘束されており、診療時間が終わると病院の受付は終了しますので、残業時間は少なくなります。

子どもがいると、土曜・日曜は学校などで数々のイベントが発生しますので、休日にしっかりと子どもと一緒に休みが取れるという事はとても有難いことでもあります。
もう一つお勧めの理由として、医療事務は一生続けていける仕事であるという事です。子どもが大きくなるまで母親が一人で養っていかなくてはいけません。その為にはずっと続けていける仕事は、重要なポイントです。

定期的な収入がずっと手に入る、ずっと子供を養っていけるということがシングルマザーにとって一番大事なことでもありますので、是非お勧めしたい職種の一つなんです。

シングルマザーとして生きるなら収入はどれくらい必要?

昨今シングルマザーが急増している社会になって居ますし、職場や知り合いなどにもシングルマザーが居ても特に珍しいと言う風潮は無くなって居ます。様々な事情で母親一人で子供を抱えて良く生活は本当に大変で、精神状態も不安定になりがちですが最も重要な事は収入面での生活の確保です。子供の人数にもよりますが食費も安くはありませんので、家賃や教育費が重なるとかなりの出費があります。

どれくらいかかるかと言われれば子供の数が多ければそれなりに収入が無ければ養う事は難しいですが、幼い子供であれば児童扶養手当や育成手当などが国から支給されますので、多少は家計も助かるのですが一家を支えて行くにはまだまだ足りない事が多くあります。

家賃もかなりの負担ですので中には二つの仕事を掛け持ちして働く母親は非常に多く居ます。それでも収入面ではかなりの負担が掛かり十分とは言えませんし、国からの手当ては年々下げられてきていますので相当な労働条件の下で働かなければなりません。国の手当ては子供が18才になると全てが終了してしまい、医療費も一人親制度は適用外になってしまいます。

シングルマザーの方は子供が小さい時は国の手当てが支給されるので安心される方も居ますが、全く足りる事はありませんので、かなり無理をして働かないと子供を養っていくには難しい状態です。

またシングルマザーの方でも病気になってしまいますと仕事が無くなってしまい、困窮生活を余儀なくされる事もありますので、過度に無理な労働は避けて家計の負担を減らす知恵を絞り、住宅なども低所得者向けの家に移って出来る限り節約を心掛けねばなりません。子供達が大きくなると学校にかかるお金がかなり必要になってきて中学生や高校生になると携帯代からお弁当代、又は修学旅行の負担もかなりの金額になるので節約を心掛けなくてはなりません。

国の補助があるうちに少しでもお金を貯めて置くようにしないと、後々深刻な困窮状態になってしまう事もあります。

シングルマザーに貧困率が高い原因は?

夫による暴力、浮気、借金、浪費癖、さらには性格の不一致などで離婚という選択をして、女手一つでシングルマザーとして子供を育てている女性はとても立派です。しかし、シングルマザーの貧困が近年問題となっています。なかには、子供の学校の制服を買うことができないために、学校に入学することができないというケースもあります。

また、何とか学校に入学はできたものの、学費を毎月きちんと払うことができないために、やむを得ずに高校を中退して家庭のために働いている子供たちもいます。さらには、あまりにも貧しいために食事を三食とることができないほど困窮している家庭もあります。シングルマザーの家庭を対象に行ったある調査では、役半数の家庭が貧困に陥っているという結果が出ています。

では、シングルマザーの家庭が貧困に陥る原因としてどんなことが考えられるでしょうか。それは、収入が少ないということです。シングルマザーの就労による平均収入は約180万円です。つまり1か月あたり15万円ほどです。国や市からの援助がいくらかあるとはいえそれでも少ない収入の中から生活や学費を払わなければなりません。子供が多い家庭はかなりきつい状態になります。

さらに、シングルマザーの家庭は、子供がいるほかの世帯に比べるなら約400万円収入が少ないというデーターが出ています。シングルマザーの家庭が貧困に陥るのも納得がいきます。現代社会はシングルマザーに対して厳しい意見を述べる人がいるために、母親は精神的に追い詰められることがあります。子供がいるのに離婚を選んだのは親の責任だ、という見方もあります。

しかし、離婚を選んだ家庭の多くは、暴力が原因です。自分と子供を守るために、離婚という決断をして女手一つで子供を育てるという決意をするのはとても立派です。それで、女手一つで子供を育てている人に対して冷たい見方をするのではなく、温かい目で見守るのはとても大切です。

シングルマザーが生活保護を受ける条件とは?

そもそも、生活保護を受ける際には様々な条件を満たしていなければなりません。
普通に生活保護を受給する場合と、シングルマザーが生活保護を受ける場合と大きな違いがあるかといえば、それほど大きな違いがあるとは言えないでしょう。
まず第一に、資産がある場合は活用するように勧められます。(土地や車などがある場合は売却し、生活費に回します)

次に、働ける場合はもちろん働かなくてはいけません。(働いた上でどうしても生活保護以上の収入が見込めない場合は収入分を引いた金額が支給されます)
そして、周りのご両親や、ご親族からの援助や、シングルマザーの場合は元夫から養育費等の援助が得られないかどうかも確認されます。
最後に、生活保護以外での解決方法がないかを検討してください。(雇用保険、健康保険、児童手当など他の制度でカバーできる場合はそちらを勧められるでしょう)

このように、シングルマザーだから違う点といえば、元夫からの養育費等の援助が得られないかの確認があることくらいでしょうか。他は基本的に変わりません。

また、シングルマザーが一番気になることとしては「車の所有」についてではないでしょうか。子どもの送り迎えや仕事などどうしても車が必要な場合は多くあります。しかし、シングルマザーであるからといって、その基準が甘くなることはありません。健康で文化的な生活を送る上でどうしても車が必要と考えられる場合のみ認められる可能性はありますが、ある程度交通手段が整っている地域では無理だとお考え下さい。生活保護を受給すると年金を払わなくてよい、義務教育間の費用が扶助される等のメリットもありますが、子どものための預貯金ができない、車の所有ができないなどのデメリットもありますので、もし援助や他の制度でカバーできる場合はそちらを利用されるほうが良いかもしれません。

以上を確認していただき、各市町村の社会福祉課に申請手続きを行ってください。